府中 リフォーム工事 カウンター、ニッチ工事

府中で行ったカウンターとニッチの施工写真です。

廊下側はニッチとして使用し部屋側からはカウンターとして使用する施工内容になっています。

リフォーム工事には大規模な工事だけではなく部分のみの工事も多く行われます。

生活をしていてここだけ治したいとの部分的な要望に応える工事です。

一度、現在のお住まいでこの部分がこうなったらすごくよくなるのにということを考えながら暮らすと新しい発見があるかもしえません。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントをどうぞ

板橋 マンションリノベーション工事 設備工事

板橋マンションリノベーション工事の設備工事です。

キッチンを新規に入れ替えるための設備工事を行いました。

その他、大規模にリノベーション工事を行っていきます。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントをどうぞ

目黒リノベーション工事 エアコン工事

目黒リノベーション工事も内装工事は無事に完成し、エアコン工事の設置を行いました。

最近は量販店にお願いする方が多いと思うのですが簡単な設置は量販店さんで少し難しい設置条件は我々のような工務店にお願いしてくださいとアドバイスを行っております。

難しい工事になると我々の方が合計の費用が安く済む場合がございます。

ちなみに大工高野で18年モデルの6畳用のエアコンを簡単な設置場所に取り付ける場合はエアコン本体と設置費用で65000円、税別になります。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントをどうぞ

川崎 戸建てリノベーション工事 解体工事

川崎市で戸建て住宅のリノベーション工事が始まりました。

まず解体工事からの着手となります。

古い建物ですのでこのタイミングで補強等、やるべき工事がたくさんあると考えております。

 

カテゴリー: 今日の工事 | コメントをどうぞ

聖蹟桜ケ丘 マンションリノベーション工事 内装造作工事

聖蹟桜ケ丘のマンションリノベーション工事の造作の様子になります。

古いマンションのリノベーション工事がここ数年、多くの場所で行われています。

マンションは構造の工事が必要ないため工事のボリュームが内装工事だけで済むという面があります。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントをどうぞ

仙川マンション ワンルームマンションの防水工事

仙川ワンルームマンションでお風呂、洗面所に壁パネルを貼りました。

その防水処理の写真になります。

 

カテゴリー: 今日の工事 | コメントをどうぞ

目黒リノベーション工事 水道引き込み工事

目黒リノベーション工事の水道工事引き込み工事を行いました。

新たなメーターを設置して完成です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

目黒リノベーション工事 新規屋根完成写真

目黒リノベーション工事の屋根工事の完成写真になります。

もともと築60年ほどの瓦の住宅だったのですがこの度のリノベーション工事でガルバリウム鋼板の屋根に変えました。

一昔前の鉄板屋根と違い現在の鋼板屋根は遮熱対策も取られており性能が良いです。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントをどうぞ

花小金井 漏水工事

最近、水道の漏水に対するご相談が増えています。

タイミングとしては偶然だと思うのですが各部材がある年数で経年とともに割れが生じている印象を受けます。

 

カテゴリー: 今日の工事 | コメントをどうぞ

過去の記事

昨日の続きです。

さて、火災予防のため、新築をきっかけに

・IHクッキングヒーターを導入する
・石油暖房は用いない
・自宅内は禁煙にする

 

などの対策をする方は少なくありません。

確かに、それらが原因となる火災は多いのですが、

住まいには思わぬ出火原因が隠されています。
■コンセントとプラグの隙間に溜まったホコリ

冷蔵庫やテレビなど、長い間差しっぱなしにしているコンセントには

ホコリが溜まりやすいものです。

そのホコリに湿気が加わると、発火の危険性は高まります。

定期的に掃除するのは勿論ですが、

新築計画の際は、家具の後ろなど

掃除しにくい場所にコンセントを配置しないよう注意しましょう。

 

■日差しが当たる場所に置いた花瓶・水槽・スノードーム

水やスノードームは、虫眼鏡のように光を一点に集めます。

そこに紙やカーテンなど燃えやすいものがあると危険です。

もし、花瓶や水槽の置き場がそこしかないのなら、

日差しが当たる時間帯だけカーテンを閉めるなどの方法で

防しましょう。

 

■電池

電極と電極、または電極と金属類が接触した場合、

ショートして出火することがあります。

それを防ぐため、

・未使用の電池は、使用する分だけパッケージから取り出す
・使用済みの電池を捨てる際は、

セロテープやビニールテープで電極を覆う
・リサイクルマークがついた充電式電池はゴミとして捨てない

(リチウムイオン電池は特に危険)

 

などの対策を徹底しましょう。
次回に続きます。 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ