池袋リフォーム工事 昔の配電盤

30~40年前は普通に使用されていた容量の小さい分電盤。

ある世代の方には懐かしい代物になってきました。

リフォームやリノベーション工事を数多くやっているとこの時代のものはまだまだ見ることがあります。

昔と比べると電気の使用量も増えているせいか容量を上げるケースが多いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

世田谷リフォーム マンションの配管工事 その2

洗濯用の排水管になります。

口径が大きく容量に耐えるようになっています。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

世田谷リフォーム マンションの配管工事 その1

床の解体工事をした際に最も気にする工事に床の下地材と水道の配管材の2項目があげられます。

床の下地材は目視である程度の判断ができますので比較的、簡単に認識ができるのですが配管は手間をかけないと正確な判断が難しいです。

しかも古い配管は使用されている材質や施工方法に問題があると大変な被害を及ぼす恐れのある工事個所となります。

特にマンションは2階建て以上の高さで漏水が起こると下の階の方の天井に水が漏れてしまいます。

明日に続く

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

上石神井新築工事 外観の完成

半年近くかかった上石神井の新築工事がようやく完成しました。

正面玄関の1階部分はタイル仕上げ、その他の面は左官仕上げ、屋根・ひさしはガルバ材を貼りました。

窓にはすべてエコガラス・壁にはウールを入れて断熱性能を意識したつくりにしました。

家造りにはいろいろなことがあるものだと思いますがやはり一番は施主とたくさんの打ち合わせをしながら一生に一度の大きな家造りという出来事に向き合う中で思いのある住まいが造れたことが一番良かったと感じています。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

上石神井新築工事 外構工事 その2

外構工事が完成するといよいよ家の全体の完成を見ることになります。

最近の東京の住宅事情を考えると一概に外構工事とは言えない気がしますがそれでも写真のような門や塀、仕上がった床のタイル・配置や種類を時間をかけて吟味した植木がおさまると住まいとして完成した印象を受けます。

いつもお世話になっている友人の設計士さんの影響もあり最近は現在の東京の住宅事情の中においてどのように外構(特に緑)を取り入れるかを考えることが多くなりました。

皆さんもご自身の住まいに小さいながらどのような可能性があるか考えるととてもイメージがわくと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

上石神井新築工事 外構工事

外構工事は住まいの完成に欠かせない大事な顔だと思います。

ですので内装以上にショールームや専門の雑誌などで何度も打ち合わせを重ねながらデザインを決めていきました。

2点3点しながら細かい部分を決めていったのでかなり凝った造りになっていきました。

外構の工事は内装以上に時間とお金がかかる工事といえます。詳細にこだわればよりその傾向が出ます。

たずさわる職方は大工、タイル、左官、植木、電気、メーカーの職方と多岐にわたります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

旅の思い出・・・大工高野ミホのひとりごと

みなさんこんにちは。

台風が続きますね。この辺りはどうにかま逃れそうですが、直撃するところの被害が心配です。

夏の暑さが厳しければ厳しいほど、その後の雨や台風が多くなるそうです。今年の夏は暑かったですからね。

今日もすごい雨です。外に出られる際は、気を付けてくださいね。

週末からようやく天気も回復しそうです。もう少しの辛抱ですね。

さて、昨日も旅がらみのお話でしたが、今日は、もう一つの旅の思い出。

誕生日のお祝いにと主人が伊豆に連れていってくれた時の事。

ぶらっと伊東の商店街を歩いていて見つけたもの。

こちらのポーチ。このお花柄の方がショウウィンドウに飾ってありました。

なんだか、素材は変わっている。でも柄がポップでかわいくて。

お話を聞いてみたくてふらっとお店の中へ。

蚊帳素材の布巾やスリッパ、エプロンなど日用雑貨が並んでいる店内。

すると、奥からお店の奥様がが出ていらして「そのポーチね、畳の縁で造っているんですよ。だから丈夫なの」

こちらのお店は、畳屋さんが出しているお店でした。

他にも色んな柄があり、全て実際に畳の縁として使われているそう。

「えー、こんなにかわいい縁があったら、わたし絶対選びます!」

なんて言いながら中学1年生の次男と「これもいいね、これもいいね」なんて選んだのがこのふたつ。

我が家の息子たちを見ながら「家も男の子3人だったの。もうみんな大きくなって仕事してるけど、男の子って大きくなってから、本当に頼りになるからこれからが楽しみね~」なんて、お話をしながらな、なんだかとっても楽しいひと時でした。最後にカード入れを一つプレゼントしてくださり、幸せな気分でした~。

また、新しい発見と出会い・・・

このポーチを見るたびにこの度の事思い出すんだろうな~

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

上石神井新築工事 階段工事

石膏ボードの工事が終わると階段の取り付け工事に

かかっていきます。

大工高野が新築工事の標準材として使用しているの

が写真の無垢材を積層にした階段専用の材料です。

積層材にすることで反りや狂いを押さえさらに強度

を上げることにもつながります。

◇大工高野は大工仲間で造った地域密着の工務店です。

工務店ですので住まいのことは木造住宅、マンションとわずにどんな工事でも

行なっております。

日々、地元の小金井、府中と三鷹を中心に国分寺、小平を駆け回っております。

困ったことがございましたらお声がけ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

物造りへの思い・・・大工高野ミホのひとりごと

みなさん、こんにちは。

雨、よく降りますね・・・・

息子が3人いると容赦なく洗濯物が増えていきます。

部屋干しはスッキリしないし・・・今コインランドリーが大盛況みたいですよね。気持ちはわかりますよね。

洗濯物にも困ったものですが、長雨のせいでの野菜の値上がりにも困ったものです。

一度手に取った野菜でも、金額を見て思わず戻してしまったりして。

農家の方々も本当に困っていらっしゃることでしょうね。

手塩にかけて育ててきた野菜が長雨のせいでダメになてしまうのは本当に辛いことだと思います。

そんな事を考えながら、あり難くお野菜頂いています。

さて、夏休みが終わってからしばらくたちましたが、みなさんどこかへお出かけされましたか?

我が家では子供たちはこの夏休みの家族旅行を本当に楽しみにしているようで、毎年行っている長野へ行ってきました。

旅行の良いとこは、行き当たりばったりで新しい発見や出会いがあるところ。

今回は長門牧場のクラフトフェアにふらっと行ってみました。

放牧されている動物たちとの触れ合いや、石窯焼のピザを堪能し子供たちも大満足。

そこでの出会いがこちらのさをり織のポシェット。

とても優しそうなご婦人方がこの商品を売っていらっしゃいました。

この商品は、ベトナム ハノイの平和村という施設で子供たちが造ったものです。ベトナム戦争から40年たった今も、3世代4世代にわたり枯葉剤の影響で障害を持った子供たちが収容されている施設です。 この子供たちのために何かをしたいと、日本では障害をもった子供たちが「さをり織り」で生き生きと自分の能力を開花させていることを知り、ハノイの子供たちに織り機と糸を送られたそうです。

最初は布を織ることが精いっぱいだった彼らが、今では自分たちでポシェットやペンケースなど仕立てることが出来るようになったのだと、目を細めて語ってくださったご婦人の優しいお顔が忘れられません。

そしてこのポシェットが、何点か頂いたうちの一つ。

前と後ろで色遣いが微妙に違うところがまた素敵です。

「さをベト」で検索をするとホームページが見られます。

愛情がたくさんつまったこのさをり織り・・・そしてハノイの子供たちが一つ一つ一生懸命造ってくれたことを想像すると、とても愛おしく感じられます。

物造りって、素晴らしですね。 造る側も、それを使う側も、お互いのことを思い幸せな気持ちになれます。

家づくりも同じ。お客様のことを思いながら、心を込めて家を建てたり、そしてリフォームをして、、、お客様が喜んでくださる顔を見れた時、本当に嬉しいという大工さんをはじめ、職人さんたちも本当に素敵です。

何か通ずるものを感じる今日この頃です。

何事にも愛情が大切ですね。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

暑かった夏の救世主 大工高野ミホのひとりごと

みなさん、こんにちは。

なんだか梅雨のような、最近の天気。

ジメジメと夏の疲れにに追い打ちをかけるように体力を奪っていくような感じです。

体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。

みなさまどうぞ、お気を付けください。

洗濯ものも、本当に困ります。昨日は、久しぶりのお日様が顔を出し、本当に助かりました。心地よい風に洗濯物がハタハタとなびく様子が本当に気持ちが良かった。

しかし、今年の夏は暑かったですね。エアコン、扇風機フル稼働の毎日でした。

とにかく、熱中症には気を付けようと、水分をこまめに補給していました。

そんなこの夏の救世主が、梅酢ジュース!

お客様から頂いた、手作りの梅酢シロップです。

子供たちも大好きで、日本酒の空き瓶に原液を少し入れて、水を入れてジュースを作っておくと、気が付くとなくなっていて、1日に2~3度作っていました。

梅のさわやかさと、オスの酸味が程よくおいしくて・・・アミノ酸もたっぷりで、本当に夏には最適のジュースで、助かりました~

この大きな保存瓶にたっぷり入っていたシロップがもうこれだけになってしまいました。

他にも、梅酒や梅干しなどを頂き、こんな風に暮らしを楽しめたら本当に素敵だな・・・と・・・

K様が毎日の暮らしをとても大切に過ごされている様子が伝わり、私も見習いたいと心から思いました。

とはいえ、簡単なことではありません。

まずは、自分のできることから、少しづつでもはじめてみて、近づけるといいなと思っています。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。