大工が造る無垢と漆喰の家の工事経過

上石神井新築工事 下地工事 最終日の様子

いよいよ石膏ボードの工事が終わりを迎えます。

とてもシンプルな作業ではありますがしっかりとし

た仕事をするためにはそれなりの技術が必要だと思

います。

よく言いますが簡単な工事ほど施工する人間の技術

と家に対する思いが出ると思います。

丁寧に作ろうと日々作業をしないと簡単な工事ほど

気持ちが入らないように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。

府中 無垢フローリング張り替え工事

ご相談いただく工事の中で建売住宅や比較的新しい中古物件を購入された方が入居後、1年もたたずリフォームやリノベーションの工事を考えるという内容の相談がございます。

特に多いのがリビングをはじめとした長く生活の中で過す部屋、知人と過す部屋の床、壁の工事です。

この府中の現場では1階部分の多くの床面を国産杉の無垢フローリングに張り替えました。

やはり皆さん無垢の持つ表情の豊かさと歩いたときのなんともいえないやさしさに感動されます。

◇大工高野は大工仲間で造った地域密着の工務店です。
工務店ですので住まいのことは木造住宅、マンションとわずにどんな工事でも行なっております。日々、地元の小金井、府中と三鷹を中心に国分寺、小平を駆け回っております。
困ったことがございましたらお声がけ下さい。

 

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。

上石神井新築工事  石膏ボード工事 その2

新築、リフォーム、リノベーションを問わず大工工事において石膏ボードの工事は現場の仕上げに近い工程の工事になります。

石膏ボードを貼る際には多くの仕上げ材の施工が終わっています。

施工をしている大工さんにとっては最後のひと踏ん張りと言ったところです。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。

上石神井新築工事 石膏ボード工事

フローリング・ドア枠や壁・天井の下地工事が終わるとあとはひたすら石膏ボードの施工になります。

石膏ボードはとても万能な下地材で火にも強く害もないと言われています。

それでいて漆喰、壁紙と仕上げ材を選ばず施工が出来るので現在の工事では新築工事やリノベーション工事を問わずほとんどこの下地材が使用されています。

写真に写っている柱に塗られています黒い塗料は炭で出来ています自然素材の防腐材の「ヘルスコ」になります。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。

西東京リノベーション 間接照明

照明に対する考え方も随分変わってきたと感じます。

一昔前だと照明はそのまま明かりを照らす道具としての存在でした。しかしこのごろは豊かに過すための演出とする考え方が浸透してきたと思います。

写真の間接照明もその一つです。そのときの気分で照明を演出するとても良い照明の方法だと思います。もちろん下についているダウンライトだけの点灯も可能ですし、光の大きさの調節も可能なため電気代も自分で変えられます。

仕事に出ると家で過す一番長い時間が夜ということが少なくないと思います。生活においても照明は重要な要素なのだと思います。

※「大工高野さんは大工工事以外の工事もやっているの?」と聞かれることが多々あります。
大工高野は大工仲間で造った地域密着の工務店です。
工務店ですので住まいのことなら新築・リフォームから
大規模なリノベーション、木造住宅、マンション、
また蛇口の交換、網戸の張り替え、照明の取替えなど
大小をとわずにどんな工事でも行なっております。
日々、地元の小金井、府中と三鷹を中心に国分寺、小平を駆け回っております。
困ったことがございましたらお気軽にお声がけ下さい。
よろしくお願い致します。

 

 

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。

上石神井新築工事 漆喰の下地処理作業

漆喰工事はとても手間のかかる工事といえます壁紙工事と比較しても3倍近くかかる場合もあります。

その中でも下地処理の作業はその後の漆喰の仕上げ作業に大きくかかわってくるので神経を使わなければならない作業になります。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。

上石神井新築工事 窓枠加工・取り付け工事

大工高野では新築工事の標準仕様として窓の枠には栂の無垢材を使用するようにしています。

写真の栂の無垢材は節のないとてもきれいな材料です。好みによって節のある杉の無垢材、白身が強いヒノキ材を使用することもあります。

身近に自然素材があることでとても落ち着いた気持ちになるように感じます。

また自然素材を使用することによって住まいがとても近い存在になりそこに違和感のない生活が生まれます。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。

石神井の新築工事 壁の中の下地工事

現在の新築工事では施工ボードを天井と壁の下地として使用することがほとんどなのですが石膏ボード自体には画鋲やネジなどは打ち込めません。

ですのであらかじめ施主と打ち合わせをしてどこに絵を飾る、どこにピクチャーレールがほしい等を打ち合わせておいて石膏ボードの裏に下地を入れておきます。

但しカーテンのレールと手すり等の下地は必ず入れておきます。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。

小金井リノベーション 窓の交換作業

リノベーション工事のテーマは既存の建物の価値を上げることです。

工事にとって予算はとても大事なことですが可能な限り見えないところや生活に直結する部分の性能の向上も大事だと考えています。

大工高野が力を入れて工事をお勧めするのが窓の性能向上です。

数十年前の古いシングルガラス窓の性能はわかりやすく言えば小さい穴が開いている状態と想像していただいてよいと思います。

このような状況ですとエアコンの熱も逃げていき、冬は寒気が入ってくるという現実が問題が出てきます。

このような事実から窓(断熱の向上)の性能を上げる工事をリノベーション工事の一環としてお勧めしています。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。

府中 外壁塗装工事

大工高野は地元の小金井、三鷹を中心に住宅にかかわるほとんど全ての大小の工事を行なっておりますが外装の塗り替え工事も依頼の多い工事の一つといえます。

よく塗装専門の業者さんにお願いされる方も多いと思いますが工務店への依頼をされる方は痛みが表面に出てから依頼される場合が多く部分補修と言った大工工事が必要な場合や塗装工事が適切に行なわれているのか第3者としてのしっかりと判断をしてほしいと言う要望での依頼が多いです。

写真は木製の雨戸の塗り替え途中を撮ったものです。全ての外装部を塗装したのですが特に木製部は痛みが出安い部分になります。塗装後の寿命も7~8年と他の仕上げ部に比べて短いと言えます。

 

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。