小金井の事務所リフォームと古材で作った棚の話 大工高野 じろうの窓辺 リフォーム工事編

ようやくこの8月に小金井の自宅兼事務所の増築リフォーム工事に着手できそうです。

足掛け1年半。なかなかスケジュールが許さず先に進まなかったのですが色々な媒体等で大工高野を知ってもらいたい!!と宣伝をしているのに「狭い事務所にお客様をお呼び出来るのかー」という声多数。

そういうことで仕事を調整しつつ工事の着工を予定しております。しかーし、物を処分しないとなかなか工事が出来ないということで、、、写真のきゃわいい棚をどかそうと考えているところです。

とほほ、さびしいなー 何を隠そうこの棚、以前使っていた古い移動式の家具に使われていた材料と古材を組み合わせて自分で作った棚なのです。家が狭いとつらいです。

その後のご報告を楽しみに。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

小金井リフォーム 床の工事 大工高野  リフォーム編

この写真、よーく見るとやさしい光がさしていますね。良い季節の光。

この小金井リフォーム工事の内容はというと、まず場所は大工高野のお膝もとの小金井、工事は床のやり変え。原因は床のへこみ、きしみ、それと床下の湿気による臭いの解消、床下に断熱材が全くなかったので断熱の工事でした。以上の原因をこれぐらいの予算で工事してほしいと相談されました。

一昔前の床下は今と違いコンクリート等は打っていないことが多いので、どうしても湿気が上がりやすい傾向にあります。写真は既存の床板、下地材を撤去し、新しい床の下地を組み終わった写真です。この後、土間に厚めのビニールを床全体にひいて湿気防止として、その後に断熱を入れて床下地としてベニヤ。その上から国産杉材のフローリングをひいて完成です。

これぐらいの工事内容で8畳ぐらいの場合、解体、撤去、新規リフォーム工事(国産杉の無垢床材)で総額35万円ぐらいからの予算になります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

小金井リフォーム工事 ホタテ漆喰シェル・プラス 職人の背中編 じろうの窓辺 自然素材リフォーム工事編

こんにちは。

太陽がないと少し寂しい今日この頃。

こちらの写真は小金井市のリフォーム工事現場。

大工高野オリジナル漆喰 シェル・プラスを塗る左官職人さんの背中です。

「写真撮らせてください」の一言に「いや、僕今、逃亡中なんで。。。」と一言(笑)

楽しい話をしながらも手はずっと動き続ける。。。かっこいい職人さんの後姿です。

こちらの施主様のお宅の悩みは壁にはえたカビ。特に水周りのカビが酷く、なんとかしたいと相談をして下さいました。

シェル・プラスは、食べられるホタテの貝殻で出来た100%無添加の大工高野オリジナル漆喰です。家の中の湿度を快適に保つ効果があります。また、ペットなどの臭い、空気中の科学物質を吸収する作用があり、施主様もとても気持ちよくなったと喜んでくださいました。

私たちにとってお客様が喜んでくださることが何よりも嬉しいことですので有難い気持ちでいっぱいでした。

シェル・プラスは今も研究を続け、進化をし続けています。大工高野も同じです。

どうしたらもっと良くなるか。。。日々スタッフ全員で話し合い、お客様に寄り添い、声を聞かせていただき、昨日よりも今日。今日よりも明日。と進化をし続ける会社でありたいと思っております。

どうぞ、家の事ならなんでも構いません、皆さんの声をお聞かせください。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

小平MRハウス新築工事 大工高野 「みほのひとりごと」 新築工事自然素材編

こんにちは。

今日は暑さの中休みでしょうか。

涼しくて過ごしやすいですね。普段クーラーを使っていないせいか、少し寒くさえ感じます。

熱中症で倒れる方の多くは必要以上にクーラーをきかせている場所にいることが多いようです。クーラーはつけても少し汗ばむくらいがよいかと思います。

私は夏になると、家でも汗をしっかりかくせいか体がとても軽くなります。冬から春にかけて蓄えた分を汗と共にしっかり出している気分で気持ちが良いんです! 水分、塩分はしっかりとっています。

さて、今日の1枚は小平で行っている新築工事現場で貼ったばかりの杉の無垢材の写真です。施主の希望でコーナー部分の無垢材の床は遊びを入れて貼りたいとのこと。せっかくの注文住宅です。われわれも施主と一緒になってどのように貼ったらコーナーの形に添った面白いデザインになるかを楽しみながら考えました。いかがでしょうか?なかなかかわいい!無垢材は良いですね。何をやっても良く納まる。施主も大満足。コーナー部分の遊び心が、とてもかわいく私もとても気に入っています。名づけて一期一会のおさまり(笑)思いつきでやってみたことがそのお家の個性になる。これぞまさに注文住宅の醍醐味ですね。

木そのものの風合いが出ていて、色や節が雰囲気を際立たせているように思います。香りもとても良いんですよ。今後も是非、このような個人的な施工を薦めてみたくなりました。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント