過去の記事

昨日の続きです。
■日差しが当たる場所に置いた花瓶・水槽・スノードーム水やスノードームは、虫眼鏡のように光を一点に集めます。

そこに紙やカーテンなど燃えやすいものがあると危険です。

もし、花瓶や水槽の置き場がそこしかないのなら、日差しが当たる時間帯だけカーテンを閉めるなどの方法で予防しましょう。

 

■電池

電極と電極、または電極と金属類が接触した場合、ショートして出火することがあります。

それを防ぐため、

・未使用の電池は、使用する分だけパッケージから取り出す

 

・使用済みの電池を捨てる際は、

セロテープやビニールテープで電極を覆う

 

・リサイクルマークがついた充電式電池はゴミとして捨てない

(リチウムイオン電池は特に危険)

などの対策を徹底しましょう。

 

■電子レンジ

食品は、必要以上に温めると発火することがあります。

使用する際は、目安として指定されている時間を守りましょう。

なお、発火に驚いて扉を開けると

周囲に燃え広がる恐れがあります。

なので、もし食品が燃えた時は絶対に扉を開けないこと。

まずは電源を遮断し、それでも消えなければ

消火器などで速やかに消火しましょう。

 

■洗濯乾燥機

美容オイル・食用油・機械油など、油類が付いた衣類を洗濯乾燥機で乾燥させると、油分が熱風で酸化します。

その際に発生した酸化熱が原因で発火することがあります。

油分が付いた衣類を洗濯した後は、必ず自然乾燥にしましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

過去の記事

延長コードの話
それぞれの延長コードには

『最大定格容量』が設定されていることをご存知ですか?

延長コードに『合計〇〇ワットまで』と表記されていますよね。

あれが最大定格容量です。

それを超えると、コードが熱くなったり

故障や火災のリスクが高まります。

電子レンジやエアコンなど、

消費電力が大きい電気製品の取り扱い説明書には

延長コードの使用を禁じると明記されています。

その消費電力の大きさが、故障や火災のリスクを高めるからです。

なので、それらの製品は、必ず設置場所に合わせて

コンセントを配置しなければなりません。

そのほかにも、例えば冬の洗面所で

「電気ストーブで足元を暖めながらヘアアイロンを使う」

というシーンもあるとしましょう。

その場合、鏡の前に立った人が

それらを使いやすい場所にコンセントが必要です。
延長コードがあれば、

コンセントの設置ミスを簡単にカバーできます。

しかし、コードにつまづいて負傷することもあります。

差しっぱなしが原因で、トラッキングが発生することもあります。

 トラッキングとは、プラグとコンセントの間に

 ホコリや水分が付着し、発火する現象のことです)

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

横浜マンション リノベーション工事 トイレ交換

横浜マンション リノベーション工事 トイレ交換の写真です。

便器本体の交換に伴って床のフロアタイルと壁のクロスの張り替え工事も行いました。

同時に便器を新しくする際に新規便器に合うように配管の移設工事に行いました。

カテゴリー: 今日の工事 | コメントは受け付けていません。