大工高野 ミホのひとりごと カルガモの親子みーつけた

みなさんこんにちは。

どんより曇り空、、、洗濯物を外に出そうか今日は中に入れておくか迷っている方も多いのではないでしょうか。

この時期、一番困るのが洗濯物ですよね。

先週の土曜日は、梅雨と思えないほどの晴天でしたね。この日は、駅前のお祭りに出店。暑さで少々疲れていた夕方・・・帰ってくると家のすぐそばをカルガモの親子が歩いてていたのです。「可愛い!!」疲れも吹っ飛び慌てて子供たちを呼びに行き・・・

次男と末っ子と一緒にとりあえずついていくことに。

ちょっとした段差を超えるのもカルガモの子供たちにとっては大きな大きな障害物。

母さんカモが先に行ってしまって焦っているカモたちを一匹ずつそーと段の上にあげてあげたり・・・普段できない経験をして、子供たちもドキドキ!!

私たちにとってはちょっとした川までの距離。

この子たちにとっては大冒険なんだろうね。

と話しながらゆっくりついていきます。

 

どうしても、最後についていく1羽がちょっぴり鈍くさく、列から少しづつ離れてしまいます。

ハラハラしながら見守り続けること30分くらいだったでしょうか。無事に川へと降りてゆきました。

次男は、その後もしばらく観察。可愛くて離れがたくなってしまったようでした。

こんなに近くでカモの親子の大移動を見たのは初めてだったので、紹介をさせていただきました!

では、また次回!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。